■□■報告書(5/21版) 新型コロナウイルス関連 緊急アンケート■□■


最新の報告書(2020年5月21日版)をお届けします。

本年46日公表した緊急アンケートの調査報告書(速報板)からクロス集計などの分析を加えた報告になります。

分析の結果、専業の芸能実演家・スタッフに経済的な打撃の大きさが傾斜していること、特にテクニカルスタッフは専業比率と減収規模も大きいことが浮かび上がっています。5月~6月が限界点で、文化活動の再開が不透明な中で、非常に危惧される事態です。

 

沖芸連では、行政・関係機関への支援の必要性を引き続き要請して参る所存です。合わせて、このような芸能関係者の経済基盤についての実態調査を今後も実施し、社会の皆様と課題を共有しながら、将来の発展に向けた取り組みを模索して参りたいと思います。(沖芸連・事務局長 下山久)

 

「緊急アンケート|新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた公演・イベント等の自粛・中止による沖縄文化・芸能活動への影響に関する調査」
対象者:沖縄県内に居住または沖縄県内を拠点に活動する芸能・芸術関係者個人(テクニカルや制作者を含む個人が対象

ダウンロード
沖芸連_緊急アンケート報告書200521.pdf
PDFファイル 926.3 KB

速報版 (4月6日)報告書  新型コロナウイルス関連 緊急アンケート

本レポートは、みなさまの政策提言や要望書、支援者募集の活動等にエビデンス(根拠)としてご活用いただけます。
その他にご利用の際は、沖芸連事務局までお問い合わせください。


   PDFファイルをプリントアウトしてご活用頂けます。


ダウンロード
沖芸連 新型コロナウイルス関連アンケート 報告書
4_13_沖芸連_緊急アンケート報告書200406.pdf
PDFファイル 965.2 KB

一般社団法人 沖縄県芸能関連協議会 新型コロナウイルス関連アンケート報告書